リクルートカード 審査

リクルートカード


リクルートカード

 

リクルートカード 審査時間

自身の体験では、審査時間は4時間程度でした。

 

今話題沸騰中!注目のクレジットカード、Recruit Card (リクルートカード)を実際に申し込みしました。

 

※ポイントキャンペーン中のRecruit Card (リクルートカード)はこちら
↓ ↓
Recruit Card (リクルートカード)

 

 

 

まず、申込み前に行う事があります!
「Recruit ID」を取得するために、会員登録を行う必要があります。
※すでに会員の方は、ログインIDとパスワードがあれば、手続き不要です。

 

Recruit Card (リクルートカード)

 

会員登録が終了すると、ログインIDが発行されますので、マイページへログインした状態で、
カード審査会社のMUFGへ申し込みを行います。

 

 

そこから手続きに必要な情報を入力する作業へと進みます。

 

手続きに必要な項目は、自宅や勤務先、年収などの機微情報で、
プライバシーに関わるものです。個人情報の扱いに同意の上で、入力をすすめる事になります。

 

すべての情報を入力すると、あとはMUFGの方で行う事になります。
MUFGでの審査は、混み合う時期や時間によると思います。

 

私の場合は、朝の11時ごろまでには提出し、
メールで返信があったのが、15時ごろでしたので、約4時間程度でした。

 

印象としては、そこまで長い時間はかからないんだなぁって感じです。

 

そもそもクレジットカードの審査ポイントは、

  • 信用情報機関である、JICやCICと呼ばれる機関で、借入情報を確認する事、
  • 入力した内容で、属性の判断を行う事、
  • 申告や収入証明を元に、収入(年収)の確認を行う事、
  • 勤務先への在籍確認などを通じて、安定した収入、申告内容の整合性を確認する事

このような内容は確認していると思われます。

 

今回、Recruit Card (リクルートカード)では、特に在籍確認の電話がありませんでした。
私だけなのか、それともほかの方もなのか・・・

 

その点はちょっとわからないですが、在籍確認がないだけでも、精神的負担は減りますよね!

 

以上、自身の経験を下に、Recruit Card (リクルートカード)の紹介でした。

リクルートカード 審査難易度

上記の内容を踏まえ、Recruit Card (リクルートカード)ですが、
難易度は「普通」と言えます。

 

どこかと比べるのは、それぞれのシステムがわからいので、困難ですが、
Recruit Card (リクルートカード)が今後会員増加を目指している事もあり、
今のところは、最低基準をクリアできれば、特に発行に問題はないような感じがします。

 

もちろん、一定の基準があるので、
その点をクリアできなければ、カード発行は難しいと思われますが・・・

 

ほかのクレジットカード会社でカードが作れる、通るようであれば、
心配はないのかな??と、個人的には思います。

 

あと、一つ、Recruit Card (リクルートカード)が優れている点ですが、
「VISA」か「JCB」のいずれかカード会社を選択できる点です。

 

私の場合、「JCB」は何枚か持っていたので、今回は「VISA」を申し込みしました。
その人それぞれで、カード会社を選択されるのも良いかもしれませんね!

リクルートカード 審査結果

Recruit Card (リクルートカード)

最後に、自分の結果確認の画面を紹介します。

 

 

画像のとおり、結果はメールで届きます。

 

 

結果連絡は、三菱UFJニコスカードが行いますので、
三菱UFJニコスからのメールとなります。

 

 

写真のとおり、結果照会URLへ「照会番号」を入力すると結果が表示されます。

 

 

Recruit Card (リクルートカード)で手続きが完了すると、契約内容の通知書(ハガキ)やカードが届きます。

 

カードは、「本人限定郵便」で届きますので、
本人が不在の場合は、郵便橋に取りにいくは、再度、自宅へ来てもらう必要があります。

 

※ちなみに、私の場合は近所の郵便局(本局)へ行き、本人確認の上で受け取りました。
※来店時は、免許証などの本人確認書類が必要です。事前に用意しておきましょう!!

 

 

以上、Recruit Card (リクルートカード)についての紹介でした。
お役に立てれば幸いです。

 

 

リクルートカード 審査 トップへ戻る

 


リクルートカード